ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

米ワシントン州エバレット工場で生産中のボーイング787

米ワシントン州エバレット工場で生産中のボーイング787

米国連邦航空局(FAA)は、ボーイングに対して787型機を米国内で試験飛行を認めると発表した。

試験飛行は、787型機に搭載しているメーン電源と補助電源のリチウムイオンバッテリーと電気系統について調べるためで、バッテリーの状態を常時監視下に置くことを条件に試験飛行を認める。試験飛行の航路は、無人地帯の上空で実施、搭乗人員も必要最低限の人数に絞り込む。

1月16日に全日本空輸(ANA)が運航する787型機のメーンバッテリーからの煙を探知して高松空港に緊急着陸したのを受けて、FAAは航空会社に対して787型機の運航停止を命令した。これによって全世界で787型機の運航は見合されている。