ef81hokutosei.way-nifty.com > 売国キチガイ暴力集団・民主党民進党/共産党

邪悪なウソつき蓮舫、安倍首相を「ウソつき」呼ばわり
蓮舫「二重国籍」のデタラメ
邪悪なウソつき蓮舫を橋下徹氏が「バリバリの嘘つき」と批判
邪悪で不誠実なウソつき蓮舫、安倍首相を「不誠実」と非難
福島県・茨城県・栃木県で震度5弱 自公ツイッターは地震に反応、「民進・共産は無反応」に「無責任野党」の声
邪悪なウソつき蓮舫一家が国会で追及された黒い霧事件
邪悪なウソつき蓮舫の選挙違反の摘発を!
ウソつき蓮舫(レンホウ)を、女性団体がついに刑事告発!
国民を愚弄する邪悪なウソつき蓮舫は売国キチガイ民進党の代表 はよくたばれ!
国民を愚弄する邪悪なウソつき蓮舫、「二重国籍」問題証明拒否か
国民をあざむく邪悪なウソつき蓮舫、なぜ戸籍謄本を開示しないのか
国民をあざむく邪悪なウソつき蓮舫、なぜ戸籍謄本を見せられないのか
国民を愚弄する邪悪なウソつき蓮舫を放逐せよ
邪悪なウソつき蓮舫、台湾籍離脱の証拠開示せず
日本の敵・売国民進党がくたばらないのは国民の責任だ
国民を愚弄するウソつき蓮舫・戸籍を提出せず重大疑惑濃厚
国民を愚弄するウソつき蓮舫と推薦人の一人・G.H.ww
国民を嘲笑するウソつき蓮舫の薄ら笑い。有権者を馬鹿にして後悔するなよ
国民を愚弄するウソつき蓮舫・さらに露見する虚言の数々
ウソつき蓮舫を代表に選出、売国民進党の終焉の始まり
国民を愚弄するウソつき蓮舫・さらに露見する虚言の数々
邪悪なウソつき蓮舫、経歴詐称の疑い続々
邪悪なウソつき蓮舫、経歴詐称の疑い続々
国民を愚弄するウソつき蓮舫、台湾政府の官報に「国籍喪失」の記載はない
国民を愚弄するウソつき蓮舫・さらに露見する虚言の数々
売国民進党は蓮舫の経歴詐称を調査しないのか
国民を愚弄するウソつき蓮舫・虚言の数々
蓮舫の下品なハダカ写真と宰相の品格??
左翼売国政党推薦の都知事候補・鳥越俊太郎の資質と品性
左翼売国政党推薦の都知事候補・鳥越俊太郎の資質と品性
左翼売国政党推薦の都知事候補・鳥越俊太郎の資質と品性
売国テロ暴力革命集団・共産党 防衛予算を「人を殺す予算」と発言
売国テロ暴力革命集団・共産党 防衛予算を「人を殺す予算」と発言
人間のクズ・枝野幸男
自民党・大沼瑞穂参院議員に暴力をふるった売国民主の暴力議員・津田弥太郎 貴様を絶対許さない
自民党・大沼瑞穂参院議員、民主・津田弥太郎の暴力行為で負傷
暴力団・民主の津田弥太郎が自民党女性議員を襲撃 自民・稲田氏「犯罪行為だ」
暴力団・民主の津田弥太郎が、自民党・大沼瑞穂参院議員を襲撃した状況
暴力団・民主の津田弥太郎が、自民党・大沼瑞穂参院議員を襲撃した状況
自民党・大沼瑞穂参院議員、民主・津田弥太郎の暴力行為で負傷
安全保障関連法案、参院特別委で可決 売国キチガイ暴力集団・民主党大暴れ!
自民党・大沼瑞穂参院議員、民主・津田弥太郎の暴力行為で負傷
安全保障関連法案、参院特別委で可決 売国キチガイ暴力集団・民主党大暴れ!
安全保障関連法案、参院特別委で可決 売国キチガイ暴力集団・民主党大暴れ!
安全保障関連法案、参院特別委で可決 売国キチガイ暴力集団・民主党大暴れ!
安全保障関連法案、参院特別委で可決 売国キチガイ暴力集団・民主党大暴れ!
安全保障関連法案、参院特別委で可決 売国キチガイ暴力集団・民主党大暴れ!
安全保障関連法案の参院特別委で、売国キチガイ暴力集団・民主・社民らが大暴れ!
安全保障関連法案の参院特別委で、売国キチガイ暴力集団・民主・社民らが大暴れ!
くたばれ!売国キチガイババア・民主党の相原久美子
安全保障関連法案の参院特別委で、売国キチガイ暴力集団・民主・社民らが大暴れ!
安全保障関連法案の参院特別委で、売国キチガイ暴力集団・民主・社民らが大暴れ!
安全保障関連法案の参院特別委で、売国キチガイ暴力集団・民主・社民らが大暴れ!
安全保障関連法案の参院特別委で、売国キチガイ暴力集団・民主・社民らが大暴れ!
国会内で暴力をふるう凶悪なテロリスト集団・民主党
国会内での暴力行為を肯定する民主党テロ議員の発言
国会内で暴力をふるう凶悪なテロリスト集団・民主党
国会内で暴力をふるう凶悪なテロリスト集団・民主党

<< 前 | トップページ | 次 >>

蓮舫「二重国籍」のデタラメ

蓮舫「二重国籍」のデタラメ

12月21日に発売予定の『蓮舫「二重国籍」のデタラメ』(飛鳥新社)(http://amzn.to/2grtGFJ)の前書きの一部です。飛鳥新社は月刊hanadaを刊行している会社で、私が9月に書いた蓮舫問題についての記事をもとに膨らませているので、花田紀凱編集長にご指導を戴きタイトルも付けてもらいました。その前書きの書き出しの一部を紹介すると以下のようになっています。

“「蓮舫の二重国籍をめぐる疑惑と驚くべき事実の発覚は、二つの意味で、日本の政治史上でも画期的なものだ。

第一は、「国籍」という、島国の住人にとって切実に意識することのなかった問題を意識させたことである。(中略)そして、第二は、この問題の指摘がインターネット上で行われ、一般紙もテレビも、週刊誌すらほとんど報道しないまま、夕刊紙の『夕刊フジ』とネットメディアの「アゴラ」が一般読者の協力を得ながら追い詰めて、ついには本人に二重国籍だったことやその内容が悪質であることを告白させたことだ。

当然に、インターネットを通じてニュースを読む習慣のない国民は置いてきぼりをくらった。すでに、その1か月あまり前の東京都知事選挙では、鳥越俊太郎氏の淫行疑惑が『週刊文春』によって暴露され、これも新聞・テレビは置き去りにされたのだが、今回は週刊誌すら追いつけなかった。なぜなら、事態が数時間単位で変化するので、締め切りと発売日に3日ほどのタイムラグがある週刊誌では、記事が発売時点で陳腐化せざるを得なかったからだ。」”

この本は、二重国籍が主で、メディア論も事件の展開の背景として書いてあるのですが、それに対して、アゴラの新田編集長が、「蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた? - 初の女性首相候補、ネット世論で分かれた明暗 -」 (ワニブックスPLUS新書)(http://amzn.to/2fwGB6w)は、メディア論を主にして、二重国籍問題も扱っています。

固定リンク