仙台レインボーハウスで震災遺児らと交流される秋篠宮さまと眞子さま=13日午後、仙台市青葉区(代表撮影)

 秋篠宮さまと長女眞子さまは13日、仙台市を訪れ、東日本大震災で親を失った遺児らのケア施設「仙台レインボーハウス」を視察された。眞子さまが公務で被災地を訪問するのは初めて。
 遺児らが自由に遊ぶことができる施設で、眞子さまは積み木で遊ぶ子どもに「すごい、見てもいいですか」と話し掛けた。秋篠宮さまは、子どもが隠れることのできる遊具をのぞき込み、「何人いるか数えさせてください」と話した。施設のスタッフによると、高校に合格した男子生徒には「おめでとう」と声を掛けたという。
 秋篠宮さまと眞子さまはその後、米バッサー大学合唱部やウガンダの子ども、被災地の子どもらによる音楽公演「世界がわが家」を鑑賞した。