名古屋空港で走行試験をするMRJ(8日午前、愛知県豊山町で)=谷之口昭撮影

 三菱航空機は8日、国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の地上走行試験を愛知県豊山町の県営名古屋空港で始めた。

 地上を機体のエンジンで自力走行するのは初めて。今年9~10月に予定する初飛行に向けて機体の操縦性やブレーキの利きなどを確認していく。

 午前9時すぎ、滑走路沿いの誘導路で試験機のエンジンが回り、時速最大10キロ・メートル程度でゆっくりと動いた。約700メートルにわたって、走っては止まるという動作を繰り返した。今後は段階的に速度を上げ、初飛行直前には離陸時と同じ時速約200キロ・メートルで試験を行う。

 三菱航空機は15日にパリで開幕する世界最大級の航空ショーで走行試験の映像を公開し、各国の航空会社に宣伝する方針だ。