初飛行に向け、地上走行試験が始まった国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」=8日午前、愛知県営名古屋空港

 三菱航空機(愛知県豊山町)は8日、開発を進める国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)の地上走行試験を愛知県営名古屋空港(豊山町)で始めた。9~10月に予定する初飛行に向けた試験の一環で、地上を機体搭載エンジンで自力走行するのは初めて。

 地上走行試験は午前9時すぎから空港の誘導路で実施。ゴオーッとエンジン音を響かせながら、低速で走行と停止を繰り返し、ブレーキ性能や操縦性などを確認した。

 今後、初飛行直前には離陸時と同じ速度で高速走行試験も行う。