ANAの787-9国際線仕様初号機=15年4月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ボーイングの2015年4月の引き渡しは66機(前年同月56機)、受注は37機(70機)だった。

 引き渡しの内訳は737が43機(前年同月39機)、747が2機(1機)、767が1機(0機)、777が9機(8機)、787が11機(8機)。787は11機中3機が787-9で、スクート(SCO/TZ)と全日本空輸(ANA/NH)、米国のVIP顧客に1機ずつ引き渡した。

 受注は737が9機(前年同月70機)、747が0機(0機)、767が1機(0機)、777が18機(0機)、787が9機(0機)だった。787は、仏領ポリネシアのエア タヒチ ヌイ(THT/TN)が787-9を2機発注。残りは787-8で、匿名顧客が6機、北米のVIP顧客が1機発注した。