初飛行が延期されるMRJ=14年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 三菱航空機は、開発中のリージョナルジェット機「MRJ」の初飛行を、現在の4-6月期より遅らせる。4月10日に開発の進捗状況について説明会を開く。

 8日の日本経済新聞朝刊が、強度試験の遅れによるものと報じたが、理由についても1日付で就任した森本浩通新社長ら経営陣が説明する。大幅な遅延にはつながらない見通し。