ニュージーランド航空は、最新鋭機ボーイング787-9型機を2014年10月よりオークランド・パース間で定期運航する。

この運航に関しては、同社がオークランドに開設した「カスタマー・イノベーション・アンド・コラボレーション・センター」(CICC)開館式にて、クリストファー・ラクソンCEOが発表。センターには目玉として、ボーイング787-9型機の内装がまるごと展示されている。シアトル以外でこの展示を見られるのはこのセンターのみとなっている。

センターでは、実際に787-9型機のビジネス・プレミア、プレミアム・エコノミー、エコノミーの3つのクラスのキャビンシートを実際に体験することができる。また、横一列3座席が平らなソファーになる、同社ならではデザインシート「エコノミー・スカイカウチ」も設けられている。