初飛行を11月9日以降に延期するMRJ=14年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire  三菱重工業(7011)と三菱航空機は10月23日、国産初のジェット旅客機「MRJ」の初飛行を11月9日から13日の期間に延期すると発表した。操舵用ペダルの改修が必要になったため。実施日は初飛行の前日に発表する。MRJの初飛行延期は5度目。  当初、10月26日から30日の期間内に実施するとしていた。予定していた期間の前半に、国土交通省の飛行前審査を受審し、飛行許可を取得する。取得後、高速走行試験を実施する。  初飛行では、機体を製造する小牧南工場(愛知県)に隣接する県営名古屋空港(小牧空港)を出発し、周辺を1時間程度飛行する。小牧を離陸後の飛行空域は、静岡県御前崎から愛知県伊良湖岬にかけての遠州灘沖の太平洋上と、石川県能登半島沖の日本海上の2つを検討している。  MRJの初飛行時期は今年4月10日、これまでの4-6月期から9-10月期に延期。理由について三菱航空機は、初飛行後に予定していた機体改修を前倒しすると説明していた。