初飛行に成功したMRJ=愛知県豊山町(本社ヘリから、竹川禎一郎撮影)(写真:フジサンケイビジネスアイ)

 三菱重工業と三菱航空機(愛知県豊山町)は16日、国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の量産初号機の納入時期が遅れる見通しであることを明らかにした。納入時期の延期は今回で4度目。2017年4~6月にANAホールディングスへ初納入する予定だったが、開発スケジュールの評価を行った結果、引き渡しが遅れることが判明した。詳細については来週にも公表する。初納入の延期で、今後の受注活動に影響が出る可能性もある。