ついに初飛行した三菱「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」(写真提供:三菱航空機)。  2015年11月11日(水)、県営名古屋空港(航空自衛隊小牧基地)において、三菱航空機「MRJ」が初飛行を実施しました。MRJはYS-11以来、実に半世紀ぶりとなる国産旅客機であり、総座席数70~90で約3000km以下の都市間を結ぶ「リージョナルジェット」と呼ばれる区分の航空機です。  リージョナルジェット市場は今後20年間で約3500機もの需要が見込まれていますが、現在はカナダのボンバルディア社「CRJシリーズ」、ブラジルのエンブラエル社「E-Jetシリーズ」がほぼ二分する寡占状態にあり、三菱航空機は今回初飛行したMRJをもって、そこへ新規参入します。またMRJと同時に中国のCOMAC「ARJ21」、ロシアのスホーイ「スーパージェット100」といった新機種も開発が進んでおり、今後リージョナルジェット市場の競争は激化していくことになるでしょう。  こうしたなかにあってMRJは、「低燃費」という武器を手に競合他社と差別化をはかります。三菱航空機は、競合他社の同等機に比べ燃費性能は20%以上優れているとアピール。航空機の運行費用は約4割が燃料費であるため、MRJの導入によって航空会社はその収益性を著しく改善することが可能となります。