2015年11月11日、初飛行を終え着陸体勢に入るMRJ=愛知県春日井市(森本幸一撮影)(写真:産経新聞)

 国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」を開発する三菱航空機(愛知県豊山町)は16日、米航空機リース会社エアロリースから最大で20機を受注することで基本合意したと発表した。三菱航空機は早期に正式契約の締結を目指す。エアロリースからの受注が確定すれば、合計で427機になる。

 三菱航空機は16日から開催されているアジア最大の国際航空見本市「シンガポール・エアショー」でエアロリースとの基本合意を明らかにした。今回、受注したのは90席クラス。航空機リース会社からの受注は初めてとなる。同社への納入は2018年を予定している。

 三菱航空機の森本浩通社長は今回の基本合意について「航空機リースは航空機産業にとって大変重要な役割を担っており、計画の早い段階で受注でき、誇りに思う」とコメントした。

 MRJは約半世紀ぶりに開発された国産初の70~90席クラスの小型ジェット旅客機。最新鋭のエンジンを搭載し、大幅な燃費低減と騒音が少ないのが特徴だ。昨年11月に初飛行を成功させている。これまで国内外の航空会社6社から計407機を受注している。