三菱航空機は2月16日、次世代リージョナルジェット機MRJ(Mitsubishi RegionalJet)において、米国の航空機リース会社であるエアロリース社(Aerolease Aviation, LLC)とMRJ90で20機(確定10機、オプション10機)の確定発注に向け、基本合意にいたったことを発表。基本合意が確定すると、2015年1月にJALからの32機以来の確定発注となる。両社は今回の基本合意をもとに、早期に正式契約を目指す。

エアロリース社は1986年に設立された米国・フロリダ州に拠点を置く航空機リース会社。40機超のボーイング757型機を保有・管理し、中古の旅客機・貨物機のリースをグローバルに展開している。エアロリース社へのMRJの納入は、2018年に開始される見通しとなっている。三菱航空機にとって、航空機リース会社との基本合意は今回が初めてであり、また、エアロリース社としても新造機の発注は初となる。

今回の基本同意に対しエアロリース社のジェップ・ソーントン代表は、三菱の航空機製造における経験や強固な財務基盤を高く評価した結果としている。MRJに対しても、「MRJが最先端の空力設計と画期的なプラット&ホイニー社製のGTFエンジン、さらにはロックウェルコリンズ社のアビオニクスを組み合わせた優位性のある機体」と評価。今後、MRJのパートナーとしてリージョナルジェット機市場でMRJのカスタマーベースを広げていくとしている。