県営名古屋空港を離陸し初飛行するMRJの飛行試験初号機=11月11日9時35分 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 国産初のジェット旅客機、三菱航空機の「MRJ」が11月11日、初飛行した。午前8時40分すぎにパイロットが搭乗してドアが閉まり、午前9時35分に愛知県の県営名古屋空港(小牧空港)を離陸した。

 初飛行した機体は5機ある飛行試験機のうち、2014年10月18日にロールアウトした初号機(登録番号JA21MJ)。機体を製造する小牧南工場に隣接する名古屋空港を離陸後、周辺を1時間程度飛行し同空港へ戻る。

 今回の試験では真っ直ぐに飛ぶかや左右に曲がれるかなど、基本的な操縦特性を確認し、上空で着陸状態をシミュレーション後に着陸する。MRJは三菱重工業(7011)の社有機と防衛省の航空機を伴って飛行し、機体の状況を両機から把握する。

 MRJの初飛行は、これまでに5度延期。直近では10月26日から30日の間に実施予定だったが、操舵用ペダルの改修が必要になり延期した。29日に国土交通省航空局(JCAB)から飛行許可を取得後は高速走行試験などを実施し、初飛行に向けて準備を進めてきた。

 11日午後には、三菱航空機の森本浩通社長と岸信夫副社長が名古屋市内で会見し、パイロットも登壇する予定。