写真提供:マイナビニュース

三菱航空機は3月29日、次世代リージョナルジェット機MRJ(Mitsubishi RegionalJet)に関するWEB情報発信ツール「MRJ Newsletter」第11号にて、3月のトピックスを発表。飛行試験や疲労強度試験機の進捗のほか、最終組立工場の竣工を報告している。

3月には初めて日本海上空での飛行試験や、随伴機を伴わない単独での飛行試験を実施。最高高度は3万5,000ft(約1万500m)、最大速度はマッハ0.65(250Kt、約450Km/h)まで順調に進んでいるという。また、最近の飛行試験では、緊急用発電機の動作確認や、片方のエンジンが停止した場合を想定した飛行能力の検証を開始するなど、飛行中の安全機能の確認も行っている。

疲労強度試験機に関しては3月15日、組み立てを完了した試験機を技術試験場に移送。機体の強度を検証する地上試験のうち、疲労強度試験では離陸・巡航・着陸など機体の耐久性を確認している。なお、先行している静強度試験は計画通りに進捗しており、今後、疲労強度試験も着実に進めていくとしている。