宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、実験用航空機「飛翔」が三菱航空機の「MRJ」の初飛行に協力したと発表した。

MRJは、約半世紀ぶりに開発されている国際旅客機。実験用航空機の「飛翔」は、MRJが初飛行で、飛行試験を行う空域や飛行ルートの風や雲などの気象観測を実施し、MRJの初飛行を支援した。

JAXAでは、今後も航空技術の研究開発を通じて、日本の航空産業の発展に貢献していくとしている。

《レスポンス レスポンス編集部》