日本航空(JAL)は、ネパール地震被害に対して支援を実施すると発表した。

NGOネットワークであるジャパン・プラットフォーム(JPF)に所属する日本国内の民間援助団体に対し、救難・復興支援のため、渡航するボランティアの輸送協力を無償で行う。支援期間は4月30日~5月31日(日本出発日)で、対象路線は、JALが運航する日本発着バンコク便、成田発着デリー便。

また、緊急支援物資の無償輸送を、荷主、荷受人が営利を目的としない公的機関で、連絡先が明確なことなど一定の要件のもとに実施する。

《レスポンス 編集部》