米国のふたつの飛行ルートで最短飛行時間記録を更新した写真後方の「HondaJet」。写真は、NAA(米国航空協会)による最短飛行時間記録公式認定証を受け取ったHACI藤野道格社長(左からふたり目)

 ホンダの航空機事業子会社「ホンダ・エアクラフトカンパニー(Honda Aircraft Company/HACI)は、米国・フロリダ州オーランドで11月1日から3日まで開催された世界最大のビジネス航空ショー「ナショナル・ビジネス アビエーション・アソシエーション(NBAA)2016」で、HondaJetが小型ビジネスジェット機カテゴリーで、米国のふたつの飛行航路の最短飛行時間レコード記録を更新したと発表。米国航空協会(The United States National Aeronautic Association/NAA)は公式に、これを認定した。

 この最短飛行時間レコードは、ニュージャージー州テターボロとフロリダ州フォート・ローダーデール間、およびマサチューセッツ州ボストンとフロリダ州パームビーチ間の航空路で達成された記録だ。NBAAの会場で公式認定証がNAAよりHACIに贈られた。

 テターボロとフォート・ローダーデール間の飛行では、現地時間で2016年4月9日の午後2時15分にテターボロ空港を離陸し、午後5時6分にフォート・ローダーデール・エグゼクティブ空港に着陸。この日は平均60ノット(時速約111km)の向かい風にもかかわらず、HondaJetはこの航路を2時間51分で飛行した。この飛行による最高対地速度は414ノット(時速約767km)だった。

 ボストンとパームビーチ間の飛行では、現地時間2016年7月19日午前7時18分にボストンのニュー・ベッドフォード・リージョナル空港を離陸し、午前10時16分にパームビーチ国際空港に着陸した。平均30ノット(時速約56km)の向かい風のなか、この航路を2時間58分で飛行した。この飛行による最高対地速度は422ノット(時速約782km)だったという。

 HACI社長の藤野道格氏は「小型ビジネスジェットの使用頻度が高いこれらの飛行ルートにおいて、高気温や強い向かい風という条件にもかかわらず、最短飛行時間記録を更新したことは、HondaJetが高い巡航速度に加え上昇・降下性能などでも優れた実用性能を備えていることを証明しています」と述べた。