ホンダジェットは2010年12月20日に初飛行した。来日したホンダジェットは量産型で、全国のイベントで一般公開された。(写真1:坪田敦史)

成功裏に終えた国内各地での一般展示イベント
 米国を本拠地として開発しているホンダ エアクラフトカンパニーの小型機「ホンダジェット」は、ワールドツアーの一環で4月23日に来日。GW中に仙台、熊本、神戸、岡山、成田で初披露イベント(デモ飛行)を行い、5月19日からスイスのジュネーブで開催される航空ショーに出展後、ヨーロッパ各地を巡る予定です。

 実機を見た人の多くは、「小さくてシルエットがスピード感ある」「エンジン音が静かで驚いた」と印象を語っています。機体はビジネスジェット機の中で最も小型で7人乗り、「プライベート(自家用)ジェット」と呼ぶのが相応しいでしょう。

 ホンダジェットは現時点で欧米向けに製造、販売を開始しており、既に100機以上を受注しています。日本を含むアジアでの販路拡大については、今後の状況を見極めながら検討していくことになりそうです。