成田空港の格納庫で展示されたホンダジェット=5月4日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」の日本での展示が5月4日、成田空港でラストを向えた。

 日本でのお披露目は、ワールドツアーの一環。4月25日に羽田空港の格納庫でメディア向けに公開後、25日に仙台空港、26日に神戸空港、29日に熊本空港、5月2日から3日までは岡山市の岡南飛行場で、量産16号機(登録番号N420HE)による見学会やデモフライトが行われ、空港を訪れた多くの人を魅了した。

 成田では午前の部と午後の部合わせて800人が招待され、午前の部は347人が参加した。

 ホンダジェットは、本田技研工業(7267)の米国子会社ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)が開発。主翼上に配された低騒音エンジンや複合材を使った胴体、標準仕様で乗客4人が乗れるゆったりとした客室などが特徴。エンジンは米GEとの合弁会社GEホンダ製HF120を搭載し、パイロット1人でも運航出来る。

 成田空港では、長さ4000メートルのA滑走路を、高度約150メートルで北から南へ向けて低空飛行を披露。機体の静かさと運動性能の高さをアピールした。地方空港では高度50メートル程度で実施していたが、安全に配慮した。ホンダジェットは、展望デッキ付近で機体を左右に振りながらフライトした。