熊本空港をローパスするホンダジェット=4月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 熊本空港で4月29日、小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」のデモフライトや機体展示、説明会が行われた。会場の崇城大学空港キャンパスには、午前と午後合わせて約400人が集まったほか、空港周辺にも多くの航空ファンが詰めかけた。ホンダジェットの九州への飛来は初めて。

 ホンダジェットは、本田技研工業(7267)の米国子会社ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)が開発。主翼上に配された低騒音エンジンや、機体の空気抵抗を低減するNLF(自然層流)技術、複合材を使った胴体、標準仕様で乗客4人が乗れるゆったりとした客室、タッチパネル式グラスコックピットなどが特徴。エンジンは米GEとの合弁会社GEホンダ製HF120を搭載する。乗員1人でも運航出来る。

 ホンダが航空機の研究開発に着手したのは、29年前の1986年。11年後の1997年にホンダジェットのコンセプトスケッチが生まれ、2003年にコンセプト実証機が初飛行に成功した。

 その後、2006年にHACIが設立されて受注を開始。量産初号機の初飛行には2010年に成功し、今年3月にはFAA(米国連邦航空局)の事前型式証明(PTC)を取得している。