4月23日の午後、ホンダジェットが日本にやってるということで、日本中のメディアが羽田にやってきた。予定時間の14時10分近くになると、皆さん着陸するだろうC滑走路の南の空から目が離せなくなる。

 予定時間を20分を過ぎた頃、日本の夢を乗せた小さい小さい機体が近づいてきた。さすがに着陸距離900mという性能のヒコウキとあり、3000mあるC滑走路の4分の1くらいで減速を完了。逆噴射装置がないこともあり、驚くほど静かだ。

 広い羽田空港の誘導路を走っている姿を見ると、やはり小さい。前述の通りジェット機の中では小型のビジネスジェットの中でも、最小クラスである。

 改めて機体を見ると、垂直尾翼が大きく、主翼が地面から低い。このクラスの機体、普通はエンジンを胴体後部に付ける。大型機のように主翼の下に付ける低翼機という手もあるが、小型機で機内スペースを大きく取れる低翼機だとエンジンが地面に近づいてしまい、ゴミや水を吸ってしまう。

 かといって高翼機(主翼を胴体の上に置く)だと、今後は主翼の強化のため機内の天井スペースが犠牲になる。そこでホンダは低翼機とし、エンジンを主翼の上に載せた。この位置、空力的に難しく、実機を見ると主翼からずいぶん後方にズラしている。

 ホンダ開発のエンジン。バイパス比2,9。最新の旅客機のエンジンはバイパス比11にも達しているため小さく見えるものの、出力はライバルを圧倒している。上昇率クラスNo1! 1万3千mまで24分くらいで上がれるそうな。片側停止でも離陸を続けられるというから安全性も高い。メインテナンスサイクルはオーバーホールで5千時間と、競合するプラット&ホイットニーより20~30%長い。