日本初飛行を披露したHondaJet

 ホンダが手がける小型ビジネスジェット旅客機、HondaJetの日本初披露が、羽田空港で行われた。

 HondaJetは乗員1名+乗客5名の計6名が搭乗できる小型ジェット旅客機。2003年にコンセプト試作機が飛行、2010年には量産型の初号機を初飛行させることに成功している。同機はこれまで、映像等では再三公開されてきたものの、開発拠点となっているホンダエアクラフトカンパニーはアメリカのノースカロライナ州にあるため、日本に飛来するのは今回が初である。

 HondaJetは14時20分過ぎ、羽田空港のC滑走路の着陸。その勇姿を日本で初披露した。HondaJetが上空に姿を表すと、驚くのはその小ささだった。C滑走路はそれまでボーイング747や787など、大型機が相次いで離着陸していたため、HondaJetの小ささが非常に際立っていた。小さいが故に、着陸後に滑走路を疾走していく速度は、非常に早く見える。

 HondaJetの特徴は、なんと言ってもそのエンジンの取り付け位置にある。従来のジェット機の場合、翼の下もしくは機体後部にエンジンを取り付けるのが一般的だった。しかしHondaJetは、エンジンを両翼の上部に搭載。これにより、高い燃費性能と、速度向上を実現しているという。さらに、キャビンはF1と同じくカーボンコンポジットによるモノコック構造を採用。これによっても気流の乱れを抑え、性能向上に寄与しているという。また、試験飛行時には、テレメトリーシステムも活用されたようだ。