初飛行を終えて招待客らに手を振る安村機長(右)と戸田機長(左)らMRJ初号機の乗員=11月11日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 半世紀ぶりの国産旅客機となる三菱航空機のMRJは11月11日、初飛行を成功させた。午前9時35分に愛知県の県営名古屋空港を離陸したMRJの飛行試験初号機(登録番号JA21MJ)は、1時間27分後の午前11時2分、同空港へ着陸した。離陸と着陸の瞬間には、招待客から歓声と拍手があがった。

 初飛行を成功させた初号機は、三菱航空機のチーフテストパイロットの安村佳之機長(58)とテストパイロットの戸田和男機長が操縦。安村機長が一般に機長席と呼ばれるコックピットの左席、副機長の戸田機長が右席に座り初飛行に挑んだ。また、飛行データを計測するエンジニア3人も同乗した。

 一方、空港を管理する愛知県が混乱を避けるため、空港付近での見学の代わりとして勧めたインターネットサイト「USTREAM(ユーストリーム)」による生中継は、アクセスが殺到してつながらなくなり、離陸の瞬間を視聴できなかった人もいた。

 名古屋空港を離陸したMRJは、太平洋上に設定された防衛省の飛行訓練区域で、上昇と下降、左右旋回を実施し、着陸特性を確認して名古屋へ戻った。最高高度は1万5000フィート(約4500メートル)、最大速度は150ノット(約時速280キロ)だった。飛行試験の計画通り、前脚と主脚は下げたままで固定し、フラップとスラットも下げ位置で固定して飛行した。着陸後は、エンジンのスラストリバーサー(逆推力装置)を作動させずに減速させた。

 到着したMRJから降りる際、安村機長は手を振って招待客らの歓声に応えた。5人の乗員を、MRJのビジネスを推進した三菱重工業(7011)の大宮英明会長や、航空事業を所管する鯨井洋一副社長、三菱航空機の森本浩通社長が出迎え、握手やハイタッチで日本の航空史に残る初飛行を終えた5人を激励した。