新たな中期経営戦略で意欲的な施策を次々と打ち出したANA。その勝算はいかに(撮影:尾形文繁)

 何とも歴史の因果を考えさせられる展開だ。1月29日、航空大手のANAホールディングスは2020年度までの新たな中期経営戦略を発表した。その大きな目玉が、欧エアバス製の超大型旅客機「A380」の導入である。

 実はこの機材、昨年1月28日に経営破綻したスカイマークも購入しようとしていた。ただ、急激な円安の進行などにより、同社の資金繰りが悪化。エアバスに対して条件の変更などを申し出たが、最終的には巨額の違約金を要求された。これが、スカイマークが破綻に至る引き金の1つとなった。

 そんな“いわく付き”の機材を、スカイマークの破綻からちょうど1年と1日後に、ANAは3機導入すると発表した。2018~2019年度に受領し、ハワイ・ホノルル線に投入する予定だ。