成田空港に到着するベトナム航空のA350-900=9月20日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

 ベトナム航空(HVN/VN)のエアバスA350-900型機(登録番号VN-A886)が9月20日、成田空港に飛来した。A350 XWBの日本への商業飛行は初めて。

 通常はA330-200型機で運航している、ホーチミン-成田線に代替機材として投入。成田着のVN300便は定刻より12分早着の午前6時48分に到着し、折り返しのホーチミン行きVN301便は1分早い午前9時29分に出発した。成田空港の展望デッキには、商業飛行では初飛来とあって、多くの航空ファンが詰めかけた。

 ベトナム航空は6月にA350-900を初受領。同機の導入はカタール航空(QTR/QR)に続く2社目で、アジアの航空会社では初めて受領した。A350-900を14機導入予定で、うち10機は自社購入、4機はリースとなる。

 日本の航空会社では、日本航空(JAL/JL、9201)がボーイング777型機の後継機として、A350-900とA350-1000を合わせて最大56機導入。運航開始は2019年を予定しており、777を6年程度で置き換える。2014年11月19日には、エアバスの飛行試験5号機(MSN5、登録番号F-WWYB)が羽田空港に初めて飛来した。

 ベトナム航空では、A350-900のほかにボーイング787-9型機も7月に受領。787-9は、2016年1月から日本路線へ投入する見込み。