タイ国際航空は、バンコク・スワンナプーム空港と仙台空港(宮城県)、小松空港(石川県)とを結ぶ国際チャーター便を2月10日と2月14日運航する。

 両チャーター便の運航は、2015年11月から乾季に入り、観光のベストシーズンとなっているタイへの渡航と、双方向の交流促進を促す目的で、タイ国際航空と旅行会社が共同で実施するもの。

 仙台~バンコク間はJTB東北と協力し、エアバス A330-300型機(ビジネスクラス30席、エコノミークラス250席)で運航。