デルタ航空へ引き渡された最大離陸重量242トン型A330-300の初号機=15年5月 PHOTO: P.Pigeyre, Master Films/Airbus

 エアバスは現地時間5月28日、最大離陸重量(MTOW)を242トンに増やしたA330-300型機の初号機(登録番号N822NW)を、仏トゥールーズの工場でデルタ航空(DAL/DL)へ引き渡した。

【A330最大離陸重量242トン型の写真はこちら】

 DALがエアバス機を受領するのは、2008年のノースウェスト航空との合併後では初めて。2017年までに引き渡しが予定されている10機のA330-300のうち、最初の機体となった。主に太平洋路線と大西洋路線の長距離国際線に投入する。

 トゥールーズを訪れたDALのエドワード・バスティアン社長は、「新しいA330の導入は、顧客満足度を向上させつつ、運航の信頼性を高める、従来からの当社の戦略に基づくものだ」と語った。

 DALは、ボーイング747-400型機や767-300ERの後継機として、2014年11月にA350-900とA330-900neoを25機ずつ発注している。A350は2017年から、A330neoは2019年から受領する予定。