クウェート航空向け初号機のA330-200=15年5月 PHOTO: H. Gousse, Master Films/Airbus

 エアバスはこのほど、クウェート航空(KAC/KU)に同社向け初号機となるA330-200型機を引き渡した。

 同社向けA330-200はファースト17席、ビジネス30席、エコノミー165席の計212席。

 KACは2014年2月、A320を7機とA330-200を5機、計12機をリースで、A350-900を10機とA320neoファミリーを15機、計25機を購入機で導入すると発表していた。

 KACは1954年、国営航空としてスタート。アバダン(イラン)、ベイルート(レバノン)、ダマスカス(シリア)、エルサレムに就航し、運航を開始した。