成田空港で国際線就航30周年の人文字を描くANA社員ら=16年2月8日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 3月3日で国際線就航30周年を迎える全日本空輸(ANA/NH)は2月8日、成田空港の格納庫前で人文字を描いた。

 ANAが国際線就航の人文字を描くのは、10周年の1996年、20周年の2006年に続いて3度目。ANAグループ18社と協力会社12社の計30社の社員有志388人が参加した。ANAによると、社員の中には20周年に続いて参加した人もいるという。

 人文字作りは午前10時に始まり、ボーイング787-8型機(登録番号JA804A)をバックに20分ほどで完成。388人が「30th THANKS」と描いた。

 ANA初の国際線定期便は、1986年3月3日に開設した成田-グアム線だった。2016年度から2020年度までの5カ年に渡る中期経営計画では、中南米やアジアなどの空白地帯への路線展開を進める。