羽田に到着するANAの787-8の36号機=16年5月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire
 全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)のボーイング787-8型機のうち、現時点の発注分では最後に受領した機体(登録番号JA878A)が5月14日夜、羽田空港に到着した。

 ANAは2004年4月26日、ローンチカスタマーとして787を50機購入すると決定。4月末時点で標準型の787-8を36機、長胴型の787-9を44機、超長胴型となる787-10を3機の計83機を発注している。787の発注機数としては世界最大で、これまでに787-8を36機、787-9を11機受領している。

 5月14日に到着した機体は、ANAの787としては47機目で、787-8としては36機目となった。米シアトルのエバレット工場製で、12日に受領。座席数は240席(ビジネス42席、エコノミー198席)の中距離国際線仕様で、エンジンは英ロールス・ロイス製トレント1000-AEを搭載している。

 ANAが787の初号機(登録番号JA801A)を2011年9月25日(日本時間26日)に受領して以来、4年7カ月で発注済みの787-8がすべて揃った。

 JA878Aは、工場に隣接するペインフィールド空港を現地時間13日午後5時23分に出発し、同50分に離陸。日本時間14日午後6時53分に羽田空港C滑走路(RWY34R)へ着陸し、午後7時5分に202番スポットへ到着した。