ジェットスター航空 ボーイング B787 型機 オーストラリアのLCC ジェットスター航空(ジェットスター)は9月5日から、関西/ケアンズ線に787-8ドリームライナーを投入する。 関空への787の定期便就航はエア・インディア、ユナイテッド航空に続き3社目になる。 ジェットスターの787-8はビジネス21席、エコノミー314席、計335席。運航は月、火、木、金、日の週5便で、関西発JQ16便が20時25分発/4時35分ケアンズ着、ケアンズ発JQ15便が12時55分/19時10分関空着のスケジュールだ。 現在、同社はエアバスA330で関空/ケアンズ線を運行しているが、低燃費の787-8を投入して、低運賃と快適性の両立を目指す考えだ。 《レスポンス 山内 博》