ANA(全日本空輸)は8月26日、ボーイング787型機のエンジン整備による欠航便を発表した。8月27日、28日、31日に欠航する便がある。

 ANAによれば、国内線仕様のボーイング787型機は13機あるが、現在5機の整備作業をしているため欠航便が出ている。8月26日は8月末までの欠航便を発表したが、9月1日以降の欠航便は週明け8月29日以降に発表するという。

 また、ボーイング 787型機のエンジン整備によって欠航便が発生する状況は9月いっぱいまで続くと見込んでいるが、時期は確実なものではなく、今後、状況により延びる可能性もあるとしている。

 なお、国際線で運航するボーイング 787型機についてはすでにエンジンは整備済。