ヴァージン アトランティック航空の787-9初号機=14年9月 PHOTO: Tim Stake/Boeing

 ボーイングは現地時間10月10日、ヴァージン アトランティック航空(VIR/VS)に787-9型機の同社向け初号機を引き渡したと発表した。

 VIRは欧州で最初に787-9を受領した航空会社。最初の路線はロンドン(ヒースロー)-ボストン線で、28日からの就航を計画している。同機は10日、エバレットのペインフィールド空港から7400キロをノンストップで飛行し、ロンドンのガトウィック空港に着陸した。

 同社は787-9を初号機を含めて16機発注済み。座席数は264席で、ビジネス31席(1-1-1配列)、プレミアムエコノミー35席(2-3-2配列)、エコノミー198席(3-3-3配列)。

 VIRは路線見直しにより大西洋路線を強化するため、日本路線のうち唯一自社便で運航している成田-ロンドン線について、2015年2月1日で撤退する。