ユナイテッド航空(UAL/UA)は、ボーイング787-9型機を羽田-サンフランシスコ線に導入する。2016年8月3日から。

 サンフランシスコ線は2014年10月、羽田再国際化後に同社初の羽田発着定期便として就航した。現在の機材は777-200ERで、ファースト8席、ビジネス40席、エコノミープラス104席、エコノミー117席の計269席。787-9はビジネス48席、エコノミープラス88席、エコノミー116席の計252席となる。

 ユナイテッド航空は、米系航空会社では初めて787-9を受領。2014年10月就航のロサンゼルス-メルボルン線へ導入しており、2016年3月には、サンフランシスコ-シドニー線、ロサンゼルス-シドニー線、サンフランシスコ-台北線など、主要太平洋路線に順次投入を予定している。

 同社の787-9は、全機に無線LAN(Wi-Fi)による機内インターネット接続サービスを導入。ビジネスクラスでは、就寝時に約2メートルの水平なベッドになるフルフラットベットシート、15.4インチのタッチスクリーン・モニターを備えたオンデマンド型エンターテインメントシステムを搭載しており、シートに電源コンセントやUSB端子を備えている。