カンタス航空は8月20日、2017年より国際線にボーイング787-9ドリームライナーを導入することを発表した。購入する8機のB787-9は、カンタスの国際線にて運航されている機齢の高いボーイング747、5機と順次入れ替え、様々な新規路線での運航を予定している。

4機のB787-9は2018年度に、残りの4機は2019年度に納入を予定している。これにより、カンタスグループが保有するB747は、リニューアルされたB747、6機となる。

カンタスの国際線部門は2015会計年度において高収益に回復しており、基礎金利税引き前利益は2億6,700万豪ドル(2014会計年度と比較すると7億6,400万豪ドルの回復)であり、投下資本利益は資本コストを上回っている。また2013会計年度以降、債務合計を11億豪ドル削減している。さらに、長距離路線パイロットとの30%の生産性の向上を含む新しい協定の確立するなどの条件を満たすことで、今回のB787-9導入を決定したという。