成田空港へ到着するJALの787-9初号機=6月11日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 日本航空(JAL/JL、9201)のボーイング787-9型機の初号機(登録番号JA861J)が6月11日夜、成田空港に到着した。7月1日から、成田-ジャカルタ線(JL725/726便)に就航する予定。

 787-9は最新鋭機787の長胴型。787-8と比べて、胴体が前方と後方でそれぞれ3.05メートル、計6.1メートル長くなった。JALの初号機はJL8101便として、米シアトル・エバレットのペインフィールド空港を現地時間10日午後4時30分に出発した。成田には日本時間11日午後6時18分にB滑走路へ着陸し、同30分に到着した。

 機体は国際線仕様で、座席数はビジネス44席、プレミアムエコノミー35席、エコノミー116席の計195席。ビジネスクラスにはフルフラットシート「スカイスイート」を導入する。2014年12月に就航した787-8の国際線新仕様機「スカイスイート787」と同じシートを採用するが、同一仕様の787-8(3クラス161席)と比べると、34席多い。時刻表では「SS9」と表記する。

 エコノミーは787で標準的な横1列9席にせず、これまでの横1列8席配列を維持。9席配列と比べて、シート幅は約5センチ広くなる。プレミアムエコノミー並みのシート幅や足もとの広さで、快適性を訴求する。