成田空港へ到着するJALの787-9初号機=6月11日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 日本航空(JAL/JL、9201)のボーイング787-9型機の初号機(登録番号JA861J)が6月11日午後6時30分、米シアトルから成田空港へ到着した。7月1日から、成田-ジャカルタ線(JL725/726便)に就航を予定している。

 787-9は最新鋭機787の長胴型。787-8と比べて、胴体が前方と後方でそれぞれ3.05メートル、計6.1メートル長くなった。JALのジャカルタ線就航で、国内航空会社の787-9はすべて出揃う。JALの787は国際線仕様のみで、中長距離路線を中心に投入を計画している。

 座席数はビジネス44席(2-2-2席配列)、プレミアムエコノミー35席(2-3-2席配列)、エコノミー116席(2-4-2席配列)の計195席。ビジネスクラスにはフルフラットシート「スカイスイート」を導入する。2014年12月に就航した787-8の国際線新仕様機「スカイスイート787」と同じシートを採用するが、同一仕様の787-8(3クラス161席)と比べると、34席多い。時刻表では「SS9」と表記する。