羽田空港D滑走路に着陸するANAの787-9初号機=7月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire  全日本空輸(ANA/NH)のボーイング787-9型機の同社向け初号機(登録番号JA830A)が7月29日夜、羽田空港に到着した。  初号機は27日に受領。NH9399便として、米シアトルのペインフィールド空港を現地時間28日午後9時3分に出発。羽田には日本時間29日午後10時37分にD滑走路へ着陸し、同47分に到着した。  到着した機体は国内線仕様で、プレミアムクラス18席、普通席377席の計395席。従来の787-8の国内線仕様機と比べ、60席(プレミアム6席、普通席54席)多く設定した。2015年3月末までの段階で計3機を受領予定で、国内線仕様機2機に続き、国際線仕様機1機が引き渡される。  初号機は8月以降、国内線に就航。8月4日には世界初の787-9による旅客飛行として、小学生を招待。羽田発着で富士山上空の遊覧飛行を実施する。