エティハド航空の787-9初号機(ボーイング提供)

 ボーイングは現地時間12月31日、エティハド航空(ETD/EY)に787-9の同社向け初号機(登録番号A6-BLA)を引き渡したと発表した。

 787-9は超豪華個室付きのエアバスA380型機と同様、新塗装「ファセット・オブ・アブダビ(アブダビの切子面)」を採用。アラブ首長国連邦の文化やイスラムデザイン、建築をモチーフに、砂漠の風景を連想させる色使いで、機体尾部と垂直尾翼には幾何学模様が描かれている。

 ETDは787-9を41機、787-10を30機の計71機を発注済み。同社は787-9を運航する中東初の航空会社となる。

 当初はアブダビ-デュッセルドルフ線と、アブダビ-ドーハ線で運航する。2015年2月から6月までに、アブダビ-ワシントンDC線、ムンバイ線、ブリスベン線、モスクワ線への就航を計画している。

 ボーイングは11月30日時点で、58顧客から1055機の787を受注。内訳は787-8が459機、787-9が457機、787-10が139機。