ブリティッシュ・エアウェイズ(BAW/BA)は日本時間12月9日、ロンドン-成田線にボーイング787-9型機を2016年7月から導入すると発表した。同社は787-9の導入路線を拡大。現在は計3路線に導入し、2016年5月までに計6路線への投入を予定している。

 ブリティッシュ・エアウェイズの787-9は計216席で、ファースト8席、ビジネス42席、プレミアムエコノミー39席、エコノミー127席。787-8(計214席:ビジネス35席、プレミアムエコノミー25席、エコノミー154席)では設定していないファーストを導入する。

 現在、成田便には777-300ER(計299席:ファースト14席、ビジネス56席、プレミアムエコノミー44席、エコノミー185席)、羽田便には777-200ER(計224席:ファースト14席、ビジネス48席、プレミアムエコノミー40席、エコノミー122席)を導入している。羽田便は2016年春以降、777-300ERで運航し、機材を大型化する。

 ブリティッシュ・エアウェイズは787を計42機発注。内訳は787-9が21機、787-8が9機、787-10が12機で、このうち787-9を5機、787-8を8機受領している。エンジンはいずれも英ロールス・ロイス製トレント1000を搭載する。

 787のうち長胴型となる787-9は、標準型の787-8と比べて胴体が約6メートル長く、座席数を30席以上増やせ、航続距離も約556キロメートル延長できる。