ボーイング、ANAに787-9型機を引渡し

全日本空輸(ANA)は、日本で初めて受領したボーイング『787-9』を、世界初の定期便として8月7日から羽田~福岡線に投入すると発表した。

また、同日に羽田~伊丹、羽田~松山線にも投入する。

ANAは今年度内に、今回受領した国内線仕様の初号機を含め、787-9を3機を受領する予定。今年度末に受領予定の国際線長距離仕様の初号機は、『787-8』の国際線長距離仕様機に比べ座席数が46席多い215席仕様に決定した。

787-9は、787-8よりも高い燃費性能を持ちながら、約1.2倍の座席と貨物を搭載することが可能で、新しいマーケットへ参入する可能性を広げることができる機材となっている。

国内線では、約400席という規模を活かし、787-9を主要幹線を中心に投入する。これによって、より多くの乗客に利用してもらいながら運航コストを低減、収益力向上を図る。

国際線では、欧米などの長距離路線を中心に、既存大型機では事業性の確保が困難であった路線へ投入するほか、787-8で開拓した市場の成熟度合いに合わせて787-9へ大型化するなど、低運航コストを維持。より多くの旅客・貨物需要を取り込み、拡大する国際線需要に、柔軟に対応していく。