ボーイング 787-9型機(ANA)

全日本空輸(ANA)は、日本の航空会社として初めてボーイング787-9型機の国際線仕様を受領し、5月5日から羽田~ミュンヘン線で運航開始すると発表した。

ANAは、2014年7月に日本で初めてB787-9型機を受領し、翌8月より世界で初めての定期便の運航を国内線で開始した。今回受領する国際線仕様の初号機は、787-8型機に比べ46席多い215席仕様となる。ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミークラスそれぞれにANAの最新シートを搭載する。

サービス面では、日本初となる、上空でテレビ番組を放映するサービス「ANA SKY LIVE TV」を開始する。座席に装着されているシートモニターで、リアルタイムの最新ニュースやスポーツ中継などを見ることができる。

また、ANAの787型機としては初めて、機内インターネット「ANA WiFiサービス」の提供も開始する。

B787-9型機は、787-8型機の胴体を延長した787ドリームライナーの派生モデルで、787-8型機よりも23%低燃費ながら約1.2倍の座席と貨物を搭載することが可能で、運航コストの低減と、事業拡大に寄与する機材。787-8型機と同様、新テクノロジーの採用で客室内湿度、耳への気圧負担感、窓の大きさなど、快適な機内環境の実現を目指している。