ANAに引き渡した787-9=14年7月 PHOTO: Tim Stake/Boeing

 ボーイングは現地時間7月28日、全日本空輸(ANA/NH)に787-9型機の同社向け初号機(登録番号JA830A)を米ワシントン州エバレットで引き渡したと発表した。ANAは787-8と787-9を運航する、世界初の航空会社となる。日本への到着は、日本時間29日午後11時近くとなる見通し。

 引き渡した787-9は国内線仕様で、プレミアムクラス18席、普通席377席の計395席。787-8型機の国内線仕様機と比べ、60席(プレミアム6席、普通席54席)多く設定した。8月以降、国内線に就航し、2015年度以降は国際線仕様機も順次導入する。

 787-9はエンジンに英ロールス・ロイス製トレント1000を採用。全長が6メートル長くなり、航続距離を300海里(555キロメール)延長しながらも、消費燃料は767-300ERよりも20%削減できるとしている。

 ANAは787-8を36機発注し、28機を受領済み。発注済みの787-9は29機で、14機を追加発注している。787の発注量としては世界最大となっている。