GEエンジンも認証を取得した787-9=14年7月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ボーイングは現地時間8月22日、米GE製GEnxエンジンを搭載する787-9型機について、FAA(米国連邦航空局)から認証を取得したと発表した。

 787-9はエンジンに英ロールス・ロイス製トレント1000を搭載する機体については、すでに787-9のローンチカスタマーであるニュージーランド航空(ANZ/NZ)へ初号機を引き渡し済み。同じくトレント1000を採用した全日本空輸(ANA/NH)にも最初の機体が引き渡され、8月から定期便に投入されている。

 GEnxを搭載した初号機は、ユナイテッド航空(UAL/UA)に引き渡される。日本航空(JAL/JL、9201)の787-9もGEnxを採用しており、2015年度から引き渡しが始まる予定。