シアトルの航空博物館へ寄贈されるボーイング787の飛行試験3号機ZA003=11月8日朝 PHOTO: Jim ANDERSON/Boeing

 ボーイングは現地時間11月8日、787-8の飛行試験機を米シアトルにある航空博物館(Museum of Flight)に寄贈したと発表した。

 寄贈されたのは、飛行試験3号機のZA003(登録番号N787BX)で、ロールス・ロイス製エンジン「トレント1000」を装備した機体。飛行試験や型式証明の取得に必要なデータ収集に用いられたほか、2011年から2012年にかけて23カ国を訪問した「ドリームツアー」では、6万8000人以上が同機を訪れたという。

 同館には1969年に製造されたボーイング747型機の初号機や、1967年製造の737の初号機、1958年製造の米大統領専用機VC-137Bなど、歴史的な機体が多数展示されている。

 787が博物館に収蔵されるのは、ZA003が初めて。