787-10のイメージイラスト(ボーイング提供)

 ボーイングは現地時間7月30日、787型機の中で機体が最も大きい787-10の最終組立を米国サウスカロライナ州ノースチャールストンで2017年から開始すると発表した。

 標準型の787-8と長胴型の787-9はワシントン州エバレットとノースチャールストンで最終組立を実施。787-10の設計はエバレットで行う。

 787-10は787-9と比べて全長は5.5メートル長く、中胴は3メートル長くなる。システム統合作業はノースチャールストンで実施。エバレットまで輸送するのには大きすぎるため、ノースチャールストンでの最終組立を決定した。エバレットでは787-8と787-9に注力し、両機種の生産性向上につなげる。

 787の生産ラインはエバレットで2つ、ノースチャールストンで1つ稼働。エバレットは月産7機で、ノースチャールストンは現在の3機を2016年に5機、2019年に7機と段階的に増産する。2カ所合計で、現在は月産10機、2016年に12機、2019年までには14機体制に引き上げる。

 787-10の航続距離は7000海里(1万2964km)で、双通路機による運航路線の90%以上が含まれる。メーカー標準座席数は、3クラスで300-330席となる見込み。