777-9Xのイメージイラスト(ボーイング提供)

 航空機内装品大手のジャムコ(7408)は9月5日、ボーイングから次世代大型機777X向けラバトリー(化粧室)を独占受注したと発表した。年間で30億円から50億円弱程度の受注額となる見通しで、長期の複数年契約を締結した。

【777Xの機内イメージイラストを見る】

 777Xは現行の777のうち、長距離国際線向けの777-300ERの後継機。主翼などに複合材を取り入れ、燃費の良い新型エンジンに換装する。一方で、胴体の構造は既存の777を踏襲し、787で採用した複合材は使用しない。

 2017年から始まる試験機製造に合わせてラバトリーの設計や試作に着手し、2019年から量産開始。ボーイングでは、2020年から航空会社への引き渡しを始める。

 777X向けと合わせて、現在ジャムコがボーイングへ納入している777と747-8、767貨物機向けラバトリー、787向けラバトリーとギャレー(厨房設備)、バーカウンター、操縦室の内装パネルと収納ボックス、操縦室ドアと周辺隔壁の供給契約も更新。契約期間は納入品目により異なるが、すべて長期の複数年契約で更新した。