777-9(左)と777-8のイメージイラスト(ボーイング提供)

 ボーイングは現地時間8月27日、大型機777の後継機777Xのうち、最初に開発する777-9について「ファーム・コンフィギュレーション」と呼ばれる仕様策定が完了したと発表した。今後は風洞実験などを実施後、詳細設計に入る。

 777Xは777-8と777-9の2機種からなり、777-9の生産開始は2017年、初号機の引き渡しは2020年を予定。3クラスの標準座席数は777-8Xが350から375席、777-9Xが400から425席、航続距離は777-8Xが8700海里(1万6110キロメートル)、777-9Xは7600海里(1万4075キロメートル)を計画している。エンジンは米GE製GE9Xを採用する。

 ボーイングでは、競合となるエアバスA350-1000型機との比較で燃費は12%向上し、運航コストは10%減少するとしており、ペイロード(有償搭載量)や燃費の面で優れていると主張している。機体価格はカタログ価格で、777-8Xが3億7100万ドル(約449億4246万円)、777-9Xが4億ドル(約484億5548万円)。

 仕様策定を終えたことで、今後は風洞試験で空力性能や構造負荷の要件を満たしているかを確認し、詳細設計を開始する。

 777Xは、コミットメントを含めると6社から320機を受注。このうち、確定発注は306機となっている。日本の航空会社では、全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が、2014年7月31日に20機の777-9を777-300ERの後継機として確定発注している。