ボーイングは、開催中のドバイ・エアショーで最新型双通路機である「777X」のローンチを発表した。

今回のローンチは、ヨーロッパと中東系航空会社からの259機という過去最多の発注コミットメントを受けて決定したもの。

累計獲得発注コミットメントは、ルフトハンザ航空が34機、エティハド航空が25機、カタール航空が50機、エミレーツ航空が150機。金額ベースでは、リストプライスで合計950億ドル超となり、プログラム・ローンチオーダーとしては民間航空機史上最高となった。

ボーイング民間航空機部門のレイ・コナー社長兼CEOは「777Xの画期的な新型エンジン、そして複合材を使用した新型主翼は、航空会社に大きな付加価値とともに、さらなる成長の可能性を提供する」と述べた。

777Xは、同クラスの航空機の中では受注残の55%、現在運航中の機数で71%のマーケットシェアを持つなど、乗客と航空会社から高い評価を獲得している777型機をベースとする。燃料消費率は、同クラスの競合機材と比べて12%以上向上する。